« ■トラ・トラ・トラ | トップページ | ■ウィルスに注意しましょう »

■血液と体と心

2004, 03, 29 月曜日

頭からなんかすぅーいにおいがしてると思ってた。
野球部のような汗のにおいではなくて、もっと違うもの。なんだろう?

しばらく前、去年の末あたりから、頭からふけのようなものが出てくるようになった。
でもそれはふけではない。白いかさぶたのようなものが、ガサッと取れるのだ。
それが粉々になるとふけのようになっている。

皮膚科に2回行った。いずれも薬をくれるだけだった。
左上の頭のところに後ろから前に短く筋のように頭頂部にかさぶたが。
そこが出なくなってきたと思ったら、左の耳の上あたりにまた同じものが。

触ってみてわかった。下に血管が通ってる。ストレスか何かで下の血管から何かが染み出してきているのでは?
すーいにおいは、ウロビリノーゲンと血漿だろう。酢酸のにおいに近い。あの白いボンドのにおいだ。

あらためて頭触ったら、形がボコボコになってた。前より縮んでいる。
民俗学博物館で見た、首狩族のミイラみたいに小さくなったらどうしよう。

0:00:00 健康 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370324

この記事へのトラックバック一覧です: ■血液と体と心:

コメント

コメントを書く