« ■世界に一つだけの芥子の花 | トップページ | ■もの作りの素質 »

■綿矢りさのささやき。

2004, 01, 16 金曜日

昨日もんもんさんのところの掲示板にも書いたけど、芥川賞受賞した人が、19歳と20歳の女性だということで、
とりあえずはおめでとうと言いたい.

綿矢りささん(19)「蹴りたい背中」金原ひとみさん(20)の「蛇にピアス」

綿矢りささん、かわいい。芸能人でだれだったか、似ている人がいたような・・
木内なんとか・・・アデランスかアートネイチャーのコマーシャルやってなかったっけ?まあいいけど、かわいくて知的で、茶髪にするような人間でもなくて、いいなぁ。
こういう人が好きだって男は多いんじゃないかなぁ?

でもこういうと、炉だと決め付けるやつもいるんだよね。冗談じゃない。

でもしゃべったらすっごく性格悪かったりして。

一方、金原ひとみさん、タイトルどおりのイメージだね(笑)。

こういう受賞できるってのは、実力もそうだろうけど、めぐり合わせ
それが世に出るというのは、なにがしかの偶然や運が大きくかかわっているのではないか?

そう思ってしまうのは・・・・

はい。僕が駄目な人間だからで~す。

インターネットのニュースで「若い女性2人が記録更新したことで、文学界に新風が起きそうだ。」とコメントされていたけど、新風なんて起きないって。中堅どころの作り手がすっぽり抜けているだけなんだから。文学と関わらない世代なんだろう。

確かに文学にかまけている暇はなかったかもしれないね。僕らの世代は。青春時代はバブルに翻弄されて、仕事世代になると仕事がなくて。文学自体にあまり価値を見出していなかった、よりどころを持たなかった感がある。
それから考えると今の若い世代は(もちろんピンきりでばらつきはすっごくあると思うけど)、文章を読む、文章を書くことができるぐらい浮かれていず、余裕もあるのかもしれない。

日本の将来、そんなに暗くもなさそうだ。

0:00:00 書籍・雑誌 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370400

この記事へのトラックバック一覧です: ■綿矢りさのささやき。:

コメント

コメントを書く