« ■風呂は熱いか住みよいか | トップページ | ■口の中、心の中。 »

■アロハ・オエ・ジャパン

2003, 12, 17 水曜日

NHKでハワイの歴史をやっている。
ここでもイギリス・アメリカの侵略についに力尽きてアメリカに併合されてしまったハワイ王国のことが語られていた。
悲しいことである。
顧みて、当時ヨーロッパ勢以外で唯一独立主権国家を保っていた日本のすごさ。これは肝に銘じておかなくてはならない。

アロハ・オエは、悲しい恋の歌の体裁をとっているが、実はアメリカの後ろ盾でクーデターを起こした外国人軍事勢力によりハワイ王国を滅亡させられ、アメリカに併合された時の女王が城に幽閉され続けたときに作った歌だそうだ。滅び行くハワイ王国の歌でもあるのだ。

しかし、アメリカのやる非道は今も昔も全く変わっていない。今回のイラクのことも、アラブの民が気の毒でならないのだ。

0:00:00 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3361628

この記事へのトラックバック一覧です: ■アロハ・オエ・ジャパン:

コメント

コメントを書く