« ■黄色い汁 | トップページ | ■体力をつけて・・ »

■いこか、もどろか(うわ~ありきたり)

2003, 11, 04 火曜日

ICOCAカード、昨日買ってきた。くわしくはこちら
ICOCA定期券というのだそうだ。本当は11/4からの分でいいのに、試してみたくて11/3からにして、昨日は改札に入ったり出たりしてた。おもしろいね。
どういう仕掛けなんだろう?いや、読み取りじゃなく、Jスルーの機能も持っているから、こんなに薄いんじゃ中に不揮発性メモリがあるとは考えにくいし、第一一瞬で書き替わるはずもない。
どう考えてもカードにはIDナンバーだけが記録してあって、オンラインで照会しているとしか考えられない。それが証拠に、ICOCA定期券を紛失しても再発行できる(手数料はかかるが)し、その時に入っていたJスルー代わりの金額も再生できるっていうんだから。これはカード自体にデータが入っているんじゃなくて、マスターがどこかにあってそれを参照しているから出来るんだと思うから。
でも、朝夕なんか同時に何万人、瞬間的には10~20万人が利用するかもしれないシステムに、オンラインで対応できるのだろうか。

推測。
入場時にはオンラインでマスターサーバー(とバックアップ)にICOCAカードのシリアルIDが送られるだけ。それで各カードのエントリが作られる。
乗客は電車に乗って(時間をかけて)降車駅に着き、タッチするときにオンラインで参照が発生する。そこであらかじめエントリが作られて(照準で並べ換えてある)データを検索し、出場可か否かを回答する。
もちろんHDD上で検索するなんて遅すぎるから、広大なメモリ空間を用意しておき、そこで参照させる。Oracleならできるかな?
うーん、それとも、定期の部分だけはカードに情報が埋め込まれていて、Jスルー金額だけが参照されるのかも。従来の磁気定期と同じように、入場の時にフラグが立ち、出場で消える。使える駅の範囲もその機械の中だけで判断できる。うん、これが現実的だな。

しかし、今日の朝入場はスムーズだったのに出るときに一回停められたぞ!プンプン。

さって、ICOCAで、かえろっか。

0:00:00 旅行・地域 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3361674

この記事へのトラックバック一覧です: ■いこか、もどろか(うわ~ありきたり):

コメント

コメントを書く