« ■選挙。 | トップページ | ■携帯脳の男を見た。 »

■クラゲに罪はない

2003, 11, 10 月曜日

etizenkurage誰だ?この写真を見て「あのち~へい~せ~ん~」なんて歌うのは。ちがうぞ。
エチゼンクラゲ、大発生!

漁をする人達は大変困っている。魚を取ろうとしてもクラゲばっかり網に入ってきてしまい、最悪の場合はその重さで網が破れたりするし、一緒に捕れた魚もクラゲの毒で売り物にならない。
大変だなぁ。同情します。

しかし、なんでこんなにクラゲが大量発生するのか?

あるページにあった文章。

2002年秋.日本海側では巨大なエチゼンクラゲが大発生して新聞の紙面をにぎわせまました.エチゼンクラゲは沖合に多い種類ですが,沿岸に多いミズクラゲやアカクラゲも近年しばしば大発生して漁師さんを悩ませています.実験してみると,これらの中では毒が最も弱いミズクラゲでさえも,魚の仔魚をぱくぱく食べてしまいます.海が汚れて,地球の温暖化が進むと,クラゲばかりが増えて,増えたクラゲは魚とその餌である動物プランクトンを食べ尽くしてしまうことでしょう.一方で,クラゲと仲の良い魚がいます.アジ,カワハギの仲間,そしてイシダイです.これらの魚は,クラゲと共に旅をし,ときにクラゲを餌として利用しているようです.そこで,環境の変化によりクラゲが増えれば,アジやカワハギ,イシダイは増え,これら以外のイワシやサバのような魚は減るのではないか? これが「3すくみ仮説」です.

おー、魚まで食べてしまうのか。てっきりプランクトンばかりかと思っていた。
クラゲって、思うに、海の掃除屋さんなんじゃないのかなぁ。
汚れてきて、燐などの富栄養化が進んで来たので、それを食べ尽くすためにクラゲがいっぱい出てきたと考えるのが妥当じゃないか?
生物連鎖の中で、不必要なものは無いはずだから。
とすると、工場廃水、生活排水のレベルから見直さなくてはいけないし、海は世界中つながっているから、世界的に対策が必要。ドイツ・ノルウェーでも大量発生したという。

海をきれいにねっ!(うみこ)

0:00:00 旅行・地域 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3361667

この記事へのトラックバック一覧です: ■クラゲに罪はない:

コメント

コメントを書く