« ■かぶり物に意味があるのか? | トップページ | ■ベガとアルタイル »

■ちん○にt.A.T.u

2003, 07, 06 日曜日

本国では綴りが違うのだが(アルファベットが違うので、無理矢理あわせるとTATyになる。yは“うー”である)、タトゥー。
同性愛を正当に主張しているアーティストかと思っていた。
ところがこの画像を見て、

tatu1

なんじゃこりゃあ?モロ透けじゃんけ。
しかも素っ裸よりよっぽどイヤラシイ。特に右の女!エエカラダしとんのー。
おおっと、これじゃただのエロ話だ。
そうなのだ。これは男性をターゲットとしたただのエロなのである。

tatu2

しかしながらファンは女の子が圧倒的に多いらしい。

tatu3

これを見ただけでももうげんなりだが、コンサートかプロモかわからんが、バックダンスで踊る男性用ブリーフ(なのか?)をつけて胸を揉みしだく女の群れ。前の客席ではヘッドバンキングして狂う女子の群れ。女、でもなく女性、でもなく、女子。昔憲武がコントで女装して「じょっしー!このクラスのじょっしー!」と叫んでいた、あの女子である。

これがサクラか本当のファンかはわからないが、実際にファンは女子が多いという。

???である。

最初はエロでペレストロ烏賊男(かけことばである、うむ)に売り込もうとしたところ計算が違ったのかもしれない。
しかし、こんな制服、むこうにあるのか?

かなり前にたしかTBS“ギミアブレイク”で、日本のパープー女子高生のチェックミニの制服を数カ国の女子高生に着てもらい、感想を聴いてみるというのがあったと思う。うろ覚えだが。ギニアはものすごくしつけが厳しく、足を出すことはとても恥じるべきこととして絶対に着なかった。イタリアかフランスは躊躇しながらも着ていたが、日本の女子高生がみんながみんな全員が全く同じ格好をしている、と聞くと、「そんな没個性なこと、私にはできない」とあきれられた。たしかロシアでも着てもらったと思うのだが...制服なんてあったか?

この間原宿を騒がせたという騒動も最初から計算のうち。Mステーションを途中キャンセルももちろん計算のうちであろう。

各国で放送禁止になるのも当たり前だ。

それに比べれば鶴瓶のモロチン出しなんぞ、取るに足らないことである。

しっかし、やっぱりガイジンではコーフンもしないんだけどなー

0:00:00 音楽 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3361809

この記事へのトラックバック一覧です: ■ちん○にt.A.T.u:

コメント

コメントを書く