« ■スタンドの発想 | トップページ | ■東へ西へ »

■ヤリ逃げ、ではなくヤラせ逃げの少女たち

2003, 07, 16 水曜日

事例:小学生の女の子、渋谷で行方不明。
「金は何とかなる」

事例:手錠をされて高速で落ちた女の子、
小学生時代から援助交際(売春)をやっていた。

TBSニュースで“黒バイ隊”の特集をやっていた。
暴走族対策の、どこまでも追いかけるもので、コードネームは“黒豹”。

シートベルトをしていない若いケバ女の子二人が乗った軽を警察官が止めた。
「免許証見せて」
「サイアクなんやけど」
「点数減点だから。」
「えー。スルから許して」
上記の会話は最近のテレビの常套でスーパーが出ていたが、
最後の「スルから」は字幕にならなかった。
“シートベルトをするから”、ではなく、“あんたとセックスするから、”許して
という意味に容易に理解できる。
だから字幕にならなかったのだ。

はあー。もうため息しか出ないや。
こいつらケバ子の周りには、ヤラせればなんでもしてくれる、
ヤラせれば何でも許してくれる男しかいないのだろう。
それもせっまい狭い範囲の友達しかいないだろうから...

売春した方もちゃんと刑法で裁かれるようになったんじゃなかったっけ?
それも14歳以下ならお咎めなしなのかな?
それじゃ、14歳になるまでがタイムリミットで人を殺してしまえ、というガキを処罰できないのと同じに、
14歳になるまでにオヤジにたくさんズコバコはめさせてしまえ、ボロ儲けじゃ、と
思う腐れマンコメスガキが増えるだけじゃ。

90年代、二十歳になったらもうオバン、それまで遊びまくれと言う風潮がバブルとともにあった。いまや14歳までは殺しまくれ、ヤリまくれ、である。

殺人などの入内犯罪でもそうだが、問題は親と地域社会にあると思う。

渋谷に小学生だけで行かせるか?フツウ。その上「金は何とかなる」と言い残していってるのも、気にならんか?
普段の動きに怪しいところはなかったか?チラシまで残していったんやろうが。

親が、アホや。

同じく、チカン冤罪を主張していた男が盗撮。

おまえのせいで、本当に冤罪に苦しめられている人が迷惑するんじゃ!

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3361798

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヤリ逃げ、ではなくヤラせ逃げの少女たち:

コメント

コメントを書く