« ■バカの吹き溜まり | トップページ | ■風邪ひいた »

■それは意味のある尊い犠牲であった

2003, 02, 03 月曜日

スペースシャトルの事故。
事故はもちろんつきものだ。古くはアポロ13号、チャレンジャー。
これを教訓として、より安全度の高い設計にしていかなくてはならないだろう。
スーパーハードセラミックの開発、それは京セラさんの仕事です。

先週のまんてんで「宇宙で死ぬ覚悟ができているか」と言うセリフがあった。直後にこの事故。今日のまんてんのラストは、「コロムビア号の乗員の肩のご冥福を心よりお祈りいたします」だった。うん。その気持ちはみんな同じだよ。
しかし、イラクの人の、「神の報復だ」と言う気持ちも、またなるほどなぁと納得してしまうのである。

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3316520

この記事へのトラックバック一覧です: ■それは意味のある尊い犠牲であった:

コメント

コメントを書く