« ■いやな仕事。 | トップページ | ■さようなら、銀だこセール »

■しょーもない人間たちとオレンジロード

2003, 02, 16 日曜日

客は少し入った。といっても自分の感覚からいうと混んでいるというには程遠いんだけどね。いつものようにインカムでフロア長その他が“いやごと”を言い続けている。ヤフーとれ、5年保証とれ、何か少しでもミスするとくそみそ。
名古屋の店とはえれー違い。これじゃやる気も出ないわな。
そんなことは朝始業前と終わってから終礼などで通達するか諭すべきで、日がな一日言い続けるもんじゃない。それに、たかが出庫1回書き忘れたぐらいで、もうお前パソコン売んな、全員に謝りに行けとか子供の言いぐさだ。そんなことでは解決しない。
なぜ大事かをじっくりと説明して納得させたら、人はちゃんと動くって。その意義も教えずにただこれやれあれやれで自分の頭で考えないようにしているからそういう結果になるんだよ。使う方も頭悪い。

家族連れが多い中、いつものパターンで富士通でゲームばっかりやっているガキが多くいた。何家族かが混ざっていて、てっきり横の男の子の妹と思っていた3歳か4歳くらいの女の子に袖を引っ張られて、パソコンの前に行く。隣の男のこと同じように遊びたいのだと思い、同じ将棋を起動してやる。まだ何か言っているようだが、聞き取れない。ずっと俺の指を手でつかんだままだ。

それから離れてしばらくして他のお客さんをやっているとき、また裾を引っ張る子がいる。さっきの子だ。その子がまた手をつないで(と言うか握って)パソコンの前まで連れていかれる。何か喋っているのだが、わからない。ゲームを立ち上げようとして、立ち去ろうとしたら、「ここにおって。」と女の子が言った。
ぞぞげ立った。
まるで18歳の女の子に色っぽい目で言われているような気がしたのだ。手は握ったままだ。
なんじゃこいつ。何をして欲しいんだ?さっき横にいたのはお兄ちゃんじゃないのか?
後で、どうやらクレジット待ちの家族のひとりだろうとわかり(座っていた母親のところにも行っていたから)、しかし親もちょっとはかまったれよ。まさか家でもそんな無視してるんちゃうやろな。そのまま大きくなると、まるで心の交流がない人間になるぞ。中学に入るころにはプチ家出。そんな女の子になってしまうぞ。
しかし女の子に手を引かれてドキッとするなんて、何年ぶりだろう(笑)。

帰りに大和田駅前のとんかつを喰ってきた。
あのがんこ寿司の顔の横に、とんかつと書いてある。がんことんかつだ。
まあまあおいしかったかな。でもやっぱりとん兵衛とか和光には負ける気がした。

駅に上がる。まだ10分ほど電車は来ない。待合室の方が暖かいだろうと入ったら、中、向こうの端に男女がいた。遠目だったが、ブレザーを着た学生のようだ。まさか中学生じゃあるまいが...
俺が入ってしばらくはきゃ、こそこそ..と話しているだけだった。そのうち、「あha..あ..ha..はぁぁaa...」この“あ”は、声を出しての“あ”ではなく、息ね。いわゆる湿っぽいため息。しかも乳首を指先で転がしているときのような「うふ..ふん、ふん..」ではなく、たぶん股をいじられて、声を出さないようにしているときの湿った吐息。こっちに俺がいるから、声を出すのをガマンして、それがなおさら女の子の興奮をあおっているような感じ。

「hぁ、 あ..ha...h...hぁa!....aa..はaa...」

なにしとんねん。

電車が来て、のりこんでから待合室を見ると、金を入れると子供がキスをする貯金箱のように口をつけていた。あの後、パンツを脱ぎ捨て、長椅子の上で挿入に挑むのだろう。

とうとう人前で平気でセックスをする時代が来たか。
俺も参加させてくれ。

風呂に入るとき、ゴキブリが走った。ゴキジェットを探し、一発。よっぽど毒なんだろうなぁ。すぐ死んだ。頭洗う気なくした。まあいいや。明日休みだし。

昨日の宇多田ヒカルをもう一度見る。「ひかるちゃん!」と叫んでも、俺の声ならオレンジロードになっちゃうんだよなぁ。

0:00:00 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3316506

この記事へのトラックバック一覧です: ■しょーもない人間たちとオレンジロード:

コメント

コメントを書く