« ■トランジスタラジオ | トップページ | ■久しぶりの休み »

■社員に幻滅

2003, 01, 27 月曜日

いや~いやいやいや
やっと明日休みですよ。と言いながら、これ書いているのは実は28日深夜。
ヤマダは好きだったけど、考え変えなくちゃだめかも知れん。
社員(と言う言葉もあんまり当たっていないかな)、バカばっかり。というか、“パー”ばっかりである。
安い処分のバイオを売ろうとして、裏のケージにはもう在庫がなかった。それ(展示品)でもいいよ、とおっちゃんが言ってくれたので空箱を探そうとして社員(インカムつけてる人)に聞くと、「3階の事務所の裏の...」あれ?ここが3階だよね?「4階ですか?」「あ、そうそう。4階の...」
探しに行ったが、それらしい場所がなかった。“展示空箱”と貼ってあるのがポツポツある場所があり、これか、と型番を確認して持って降りる。えらい重いなぁ。
売り場で開けてみてびっくり。中身が入っている。唯一ちゃんと対応してくれる社員の人にこれこれしかじかでと聞くと、「いや、それは売らん方がいいでしょう」というのでもう一度空箱を探しに。客のおっちゃんはFAXも買いたいから、と向こうに行く。やっと見つけた。売り場でシリアル確認。OK。さてと、あれ。鍵が付いている。南京錠。この鍵はどこにあるのか?
レジの社員に聞いたら、法人売り場にあるんじゃないかというので飛んでいって聞く。なんか人の話を聞いてるのか聞いていないのか、ニヤニヤして黙っている。人の話を聞くときは相槌ぐらい打てよと切れかけるのをこらえて説明し、鍵を探してもらう。何とか外すことに成功し、あ!ロスコンが付いている!鍵は?聞くとフロア長が持っているらしい。そのフロア長は?「フロア長会議です」なんじゃ。それじゃどうしたらいいんや!もうひとり持っている人が居るらしいのでインカムで聞いてもらう。何度問い掛けても返事すらない。イライラして待つ。返事がない。
もういいや。鳴れば止めに来るだろう。第一何分かかっとるんじゃ。俺が客やったら展示台ひっくり返して帰っとるっちゅーねん。

ロスコンを外す。スゴい音がする。かまわずに箱詰め。やっとお客のところに戻る。よくもまああんな長い間待っていてくれたもんだ。他の店員のPOS番号が書かれたメモとFAXが。レジに持っていくと、「カードで」と言う。自分のコードのメモもレジに渡し、打ってもらおうとするとレシートは一緒にして欲しいというので泣く泣くFAXの店員番号で打ってもらうことにする。すると...カードが通らない。
承認番号をもらおうとして電話したら、「今回はだめです」とカード会社に言われる始末。他のカードではアッサリ通った。やれやれである。
そのお客が終わって、夕方に他の客のレジをしているときにフロア長が来て、さっきの展示品を売ったかどうか聞かれる。売ったと答えると、リカバリはどうしたのか、と言われる。なんでそんな怒り顔で言われなあかんのや。中国の人で、それをそのまま持って帰るというからそのまま渡しましたと答えた。

あ~あ。名古屋のヤマダとは偉い違いだ。
数日前のレジなんか、お客さんを誘導していくと、「このレジ一旦閉めますので」と超デブ女に言われて隣のレジに行くと、お客さんが待っているけどレジがいない。と、さっきのレジでデブが「○○円です」とレジ打っとる。(ぷちっ)横から他の女が出てきて、「現金ですか」と聞かれるのでそうですけどと答えると、「現金ならあちらのレジに行ってください」と言いくさるので(ぶちぶちっ)、「むこうでレジ閉めるからというからこっちに来たんですけど!!!」と怒鳴ると、素直にレジしやがった。
みんなふてくされている。幼稚園児が無理矢理勉強や体育の授業をさせられているような感じ。だらだらが極限である。仕事から逃げている。インカムで問い合わせても誰からも返事がないのがその証拠。店員も処分品でほかの店から回されて来たのだろう。伏見のコジマ以下だ。いずれだれか見せしめにシバかなあかんと思う。

9時過ぎて、いい加減客から離れとかなと思ってたら、案の定Macの客につかまった。99800円のものを買いに来たらしいが、在庫カードがない。社員に聞いても納期はわからないという。モヒカンのコワイ顔の男とマユのないコワイ顔の女。でも態度は丁寧だった。1才ぐらいの男の子を抱いていた。にこっと笑ってかわいい。138000円のものでもいいと言ってくれたので、持ち帰りで売る。また!カードが通らない。承認を取りに行くと、「今回、お通しすることはできますが、ご本人さんに電話に出てもらってください」というので電話に出てもらう。やっと承認が終わり、レジ。
ほっとした。顔は怖いけど、終始態度は丁寧だった。作業着を着ていたから土方かトラックの運転手だろう。ここの社員よりよっぽど社会人としてちゃんとしている。
この客の承認を取っている間、客のいなくなった法人売り場の横で店長がヘルメットを置いた若い客に怒鳴られていた。どうも持ち帰りなのに下でさんざ待たされたような話だ。しかし、一向に店長の声が聞こえてこない。下を向いて黙ーっている。「まず一言でも、あやまれや!自分の非を認めろ!」話を聞くにつれ、客の方に同情した。怒るのは当たり前である。あ~あ。

帰りにフロア長と休日シフトを決める約束だったのに、なんか長電話している。聞くと、社員のやめるやめないの問答のようだ。今日も無断欠勤しているらしい。
はっきり言って、その社員はカスであるし、さっさと切ればいいだけの話。しかし、アンタの対応は相手と同レベルの言い返しだけのように思えて仕方がない。あんたもガキだよ。はっきり言って、統率力はないね。だめ社員ばかりなら、それを育てることができなきゃ、なんの役にも立たない。部下も、アンタも。下のもんが惚れて付いてくるようにならなきゃ人の上には立てんよ。

帰り、あ!タバコ買わなきゃ!急いで帰ったつもり。でも駅からは歩きだったので...家の近くの自販機の前に着いたときは、11時1分。電波時計なので間違いないと思う。みんな売り切れのランプが点灯。くっそー..

0:00:00 仕事 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3316527

この記事へのトラックバック一覧です: ■社員に幻滅:

コメント

コメントを書く