« ■誕生日 | トップページ | ■えべっさん »

■援助交際と法律と麻薬の関係

2003, 01, 09 木曜日

さすがに正月も過ぎて人の流れが一気に少なくなってきた。
でも1台売れたぞー。

援助交際していた男が金を脅し取られていた話。

==============================
<恐喝>中3女生徒が47歳会社員から550万円脅し取る 静岡

 後輩との援助交際(買春)につけ込んで静岡市内の男性会社員(47)から現金550万円を脅し取ったとして、静岡県警少年課と静岡中央署などは7日午後、同市内の公立中学3年の女子生徒(15)を恐喝の疑いで再逮捕する。男性会社員は度々脅され、金がなくなると、車で連れ回され数軒の消費者金融で借金、現金を脅し取られていた。
 調べでは、男性会社員は昨年5月、女子生徒の後輩の中学2年の女子生徒(14)に静岡市役所前の路上で声を掛けたことから2人と知り合い、1回4万円の現金を渡してみだらな行為を繰り返していたという。同年6月、中3の女子生徒は携帯電話で「後輩を妊娠させた。刑務所に行きたいのか」などと言って、男性会社員が親から借金したり株を売るなどして用意した現金350万円を脅し取り、さらに同11月、知人の男性被告=恐喝未遂罪などで既に起訴=(23)が運転する車で会社員を連れ回し、消費者金融4、5社の現金自動支払機で200万円を借りさせた。脅し取った金は仲間十数人に配ったり、遊興費などに使ったりしていたという。

 少女の妊娠は事実だったが、県警は別の男性が父親とみている。

 その直後、男性会社員からさらに150万円を脅し取ろうとしたが、男性が警察に駆け込み未遂に終わった。県警はこの恐喝未遂の疑いでも逮捕する方針。

 女子生徒は、テレホンクラブで知り合った静岡市内の別の男性(37)から同様の手口で約50万円を脅し取ったとして、昨年11月30日逮捕され、少年鑑別所で観護措置中だった。
==============================

援助交際と言っても、それで妊娠したとか、最初から恐喝目的以外の何物でもないじゃん。
第一、14歳でそんなことするようなズベ公のどこが可愛いと思えるんだろう。
一目見たらわかりそうなもんだろうけどね。
十代の女なら、どんなんでもよかったのかしら。この男は。
おそらく知らん男とハメるのはその子にとっては献血と同じぐらいの感覚だよ。
主犯の中学3年生15歳、別の事件でも恐喝して観護措置中のくせによーやるわ。
実名出せ。住所も出してかまわん。
これはかよわい女の子が手込めにされた話ではなく、全く逆だから。

清水市の恐喝男とグルなんだろ?まあ、法律上被害者の男も何らかの罪には問われるだろうけど、そういう「成人が未成年とセックスしたら罪になる」というわけわからん、どこに基準があるかどうかも不明確な法律がだいたいおかしい。
女は16歳以上なら結婚できるんじゃないんかい!
結婚してもヤルなってんかい!
そういう法律があるから、逆にこういう“脅し”が成立するんでい!
江戸から明治初期のように“強姦”とか“無理矢理”でない性交渉にいちいち目くじらを立てるような、それも罰則つきの法律にしてしまうからこんな事件が逆に起きるのだ。
アホかと思う。
いっそのこと、13歳以上は互いの同意があれば罪にならないようにして、法律で規制するなんてことはやめた方がいい。麻薬でもそう。法律で禁止されているから値が高く、暴力団の資金源になるぐらい商売になってしまうのだ。
正直麻薬はもっと啓蒙が必要で、身体に取り込んではいけないものだと厳に思っている。しかし禁止されているから成り立つ商売というものを考えても見よ。
児童ポルノもしかり。いくらなんでも小学生を性の対象にしてしまうのは、精神を病んでいるとしか考えられない。これも禁止法律ができて、高値が付いているようだ。

特に昭和に入ってからだと思うけど、禁止すればいいという安易な考えで、より犯罪の温床が広がっているということをよく認識すべきだ。

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3316545

この記事へのトラックバック一覧です: ■援助交際と法律と麻薬の関係:

コメント

コメントを書く