« ■Cz75 | トップページ | ■ガラガラでも寒い »

■偏頭痛の悪魔

2002, 11, 29 金曜日

今日は休み。昼前に起きる。
なんだか目の奥が痛い。頭も痛い。目の奥の心棒のようなところが痛い。
「ヤバい!風邪か?」

ラーメンを食べてバファリンを2錠呑む。しかし少し収まった感じはするものの、まだ痛い。体は全然大丈夫だし、熱を計っても平熱。
昨日の晩にやった目のトレーニングのせいかしらん。
う~ん、病院行かなくちゃならないのかなぁ。しかし今健康保険が無いから、目が飛び出るほど高いぞ。どうしよう。

明治生命から借りている60万の利息を払い込みに。これも銀行からの借金。
クズ人間への転落真っ最中。

夕方、やっぱり病院に行っておくことにする。
案の定保険がないということで、「実費です」と言われた。
内科の看護婦さん(おばちゃん)にも保険のことを聞かれ、これこれしかじかと説明すると、「じゃ、できるだけ安い方がいいわね」と、小便検査をなくしてくれた。
診察を受けると、「カゼ気かな、総合感冒薬を出しておきます」
清算するとき。「3440円です。」がび~ん!なんてこった。
領収書を見ると、負担率100%の印刷。なかなかでけへんで。こんな経験。
今まで外の薬局で薬を受けとるはずだったのに、今日はなぜか薬局窓口で薬をもらう。
5日分。

しかし、しかしである。

晩御飯の後、その薬を呑むか呑まないうちに、痛みが収まってきた。なんだ?
結局、偏頭痛だったのか?だったらあの負担率100%は?
3440円もあれば、吉野家280円が12回も食べれる!
......

コンバットマガジン1982年版を押し入れから探しだし、Cz75の記事を読み直す。いいなぁ。やっぱり欲しいなぁ。
来月、買おっかな。

0:00:01 健康 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3298942

この記事へのトラックバック一覧です: ■偏頭痛の悪魔:

コメント

コメントを書く