« ■ついに、ダウン。 | トップページ | ■夏の日 »

■なめられるのもあたりまえ

2002, 08, 15 木曜日

テレビを売ろうとすると、困る。
なにしろ在庫を持っていないのだ。
ミドリなんかは即日配送なんて謳っているのに、
こっちは、今日受け付けたら来週の末だと。
それも、メーカーに注文してからだから、メーカーが品切れしていたらもうクレーム。
当たり前だわな。

今日も、あるの無いのと言われて、辟易した。やっぱりテレビの前になんか立たないぞと誓った。そりゃそうだ。テレビが急に壊れて、今日にでも欲しいというヒトが買いに来るもんだ。普通は。それが10日後、それも確約できないなんて、そんな眠たいこと言ってる店無いって。

じじいとばばあが夕方来た。しゃべり方は普通だったけど、後から考えたらやっぱりからかいに来てたとしか思えない。言っとくけど、普通は僕もじじいとかばばあなんて言葉は言わない(相手に言うって事ではないよ)。しかし今日のはキョーレツだった。

リビングのテレビを買いたい...今25インチだから29インチに...在庫..無い..プラズマの前で398000のを、「これにしようか」言うからプライスを外して伝票まで書き始めて、「値段は高くてもいいのよ」と耳打ちする割りには少し安くしろと言うし、伝票を書いて持っていくとまた29インチのところでどうしようかとか言い出すし。結局要るとも要らんともいわないで「またくるわ」と帰っていった。おいおい、どんだけ時間かけたと思ってるんだよ。おまえらは金持ちのフリして高い物を買うぞ買うぞと嘘ついていい気分かもしれんが、こっちは死ぬかもしれんのだぞ。おい!二度と来るな!

かと思えばその後に来たもうよぼよぼのじじい。
液晶テレビというから液晶のところに案内したら、違うというので小型液晶に連れていくともっと大きい物という。それならやっぱりさっきのところと戻って、99900の液晶の説明。枕元に置きたいという。いくらになる?消費税入って104895。
財布を出して「あるかな?」あるある。十分ある。12枚は数えていた。
持って帰れるか、と言っていたので、アンテナ線はあるかと聞く。最初はあると言っていたのに、途中からわからんわからんで、結局「家内と相談してくる」おいおい、だから配達させてくれたらちゃんと配線するって言うのに。なんで配達させてくれないんだ。相談しようがしまいが、アンテナ線があるかどうかぐらいわかるだろうに。台所ではテレビ見てるって言ったじゃん。

あーあ。今日で同じ事務所のヒトも辞めてくし、早く店変わりたい。まともな電気屋に行かせてくれー!もっと頭のいい店に行かせてくれよー!

0:00:01 仕事 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299050

この記事へのトラックバック一覧です: ■なめられるのもあたりまえ:

コメント

コメントを書く