« ■意味不明の体のだるさ | トップページ | ■電波子3号 »

■ヒーリーズ

2002, 08, 21 水曜日

店に来る客、いや客のなかでも買わない人たち。その中の子供たち。
毎日来る子供。ゲームコーナーが遊び場になっている。
それだけならいいが、最近は横のテレビコーナーで好き勝手にチャンネルを替えて音を出している。気がつくと音を最小にし、チャンネルを戻すが、そこを離れようとするとこちらを見ながらまたリモコンを手にとり、テレビを替える。一体なんなんだろう。
チャンネルを替えることがだめなわけではない、でもこの傍若無人な方向につながる芽の状態。よっぽど家でしつけられていないのだろう。親はどこで何をしているか知らずに要るのだろう。もう数年して中学に上がる頃になると、ひったくりやいじめをするしか毎日の目的がない子供になっていく。

そう思っていたが、中には白痴の子供もいるようだ。完全に社会生活ができないのではなく、弱白の子供も多いことに気がついた。もう高校生ぐらいのような風体なのに、テレビの前にずっと立ち尽くして音を大きくして画面を見ている。放送の内容を見ているのではなく、ただ音を大きくして目をその画面の方に向けているだけ。
親は、これでいいと思っているのだろうか。それとも、知らない?

いやいや、こんなことを書こうと思ったんではなかった。
ごく普通の小学生ぐらいの女の子が、向こうの角をすーっと回っていった。
おや?足を動かさずに滑っていったぞ!
追いかけると、かかとにローラーがついているスニーカーを履いている。
すごい!前にスニーカーの裏に指で引っ張り出すローラーが二つついているのをテレビで見たことはあるが、これはかかとに一つ。便利そうだ。
インターネットで調べてみる。「ヒーリーズ」と言う項目が見つかった。
すごい。欲しい!値段、高い!いやいや上等なスニーカーの値段と比べたらそんなに高くない。

ムラサキスポーツに見に行った。無かった。
となりの靴屋に行った。無かった。
どこでも置いてないのかな?
聞いてみると今品切れだという。
また見に行ってみよう。

0:00:01 ファッション・アクセサリ | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299045

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヒーリーズ:

コメント

コメントを書く