« ■キチガイの来る店 | トップページ | ■薄荷漬けの躯 »

■矛盾は追求すべきか否か

2002, 07, 26 金曜日

疲れてる。

毎日売り上げが無くて、このままでは間違いなく馘になる。

この店がつぶれるのはいいが、自分の仕事がなくなるのは困る。
...と書いてきて、いかにこの店に愛着が無いかわかった。
今まで行ってきたすべての店(コジマを除く)はすごく好きだし、頑張って欲しいし、また働きたいと思う。とくに谷山、マツヤ、ヤマダはすっごくいい会社だと思う。
社員に対して甘いから好きだというんではなく、“仕事”とは何か、と言うことをよくトップがわかっている会社だからである。
働くのは人。そこにいかにやりがいを持たせるか。
そんなこといって、甘い考えもってんじゃないよと言う方も居るかもしれない。
しかし、一日のほぼ半分以上を費やす仕事であるから、そこになにがしかのやりがいや意味を見いださなければ、ひととして精神を病んでしまう。
今、病む一歩手前だと感じる。

「社員は雑用に追われていて、それでもきちんと売り上げを立てている」
ほお。その雑用とやらは一体何をしているのか?そのわりには売り場もできていない、POPは整備不足、品切れ、根付け間違い、あげたら切りがない。
売り上げ?カラ伝票切るのがそんなに偉いか?なんで3月や4月の伝票がいまだに残ってるんだ?
「社員は毎日朝8時半から夜11時まで働いてる」
それは自慢にはならない。いかに効率の悪い段取りをしているかを自ら白状しているに過ぎない。そんなこともわからない。バカ。

こちとら、そっちの都合で保険もかけてもらえない。なんでこんなに時間を細かく区切るのかと聞くと、「これ以上働かれると保険をかけなくてはならないから」
おいおい、話が違うじゃないかよ。

しんどい。寝る。

0:00:01 仕事 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299071

この記事へのトラックバック一覧です: ■矛盾は追求すべきか否か:

コメント

コメントを書く