« ■いぬの留守番 | トップページ | ■怪奇、知らぬ間に裂ける股ぐら »

■ワールドカップ症候群

2002, 07, 02 火曜日

去年の夏のクレヨンしんちゃんの映画が、今レンタルで大ヒットしているそうだ。
それも大人が見て涙するものだそうで、一回見てみなくちゃとは思っている。
昭和30年代の懐かしい風景が出てきて...というノスタルジーをくすぐるもの。
「あの頃はよかった..」ならまだしも、「子供に戻りたい..」は少しアブナイ方向に向きつつある。正直、自分がそういう人間だと自覚しているから、どんなもんかなーと思う。

同じくPS2の「僕の夏休み」もそうだ。いつまでも夏休みが終わって欲しくない...気持ちは分かる。映画やゲームで見ているうちはいい。

しかし、今回のワールドカップ騒ぎ。芯からのサポーターとにわかサポーター、どちらにも言えるけど、特ににわかサポーター尻馬野郎たちが、祭りの後のような妙な寂しさを感じていることを、みんな気をつけて感じておこう。
変な事件や事故が起こりやすい状態なのだ。
あの、楽しいうかれ騒ぎを続けていたい..ずっと..と思っているおこちゃまたちが、何をしでかすか分からない。
たんに1件1件の事件が起きるという意味だけではなく、みんな口をそろえて「日本が一つになった」と言うぐらい同じ思いを同時に熱狂的に抱いたのだから、この似た寂しさもすごい勢いで感染して広がってしまう恐れがあると思うのだ。

同時ヒステリー的社会不安。
実は、株価の急激な低迷は、一概にエンロンやその他の「目に見える」経済事情だけではないのかも...?

0:00:01 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299097

この記事へのトラックバック一覧です: ■ワールドカップ症候群:

コメント

コメントを書く