« ■衝動買いは... | トップページ | ■ブラジルおめ »

■A・Iを観て

2002, 06, 29 土曜日

DVD、「AI」。
今日、休みだったので夕方に見始めた。けっこう長かった。140分もある。

で...見た後の感じは、...なんかかなし~い気持ちになってしまいました。
公開時、これをカップルで見に行った人は、おそらく別れているでしょう。

怖い話なのかな、と思っていたけど、中身は、昔からあるテーマのもので、それをさらに深く掘り下げ、現実的、いかにも実現しそうな、いやこれが必ずなるべきとの超現実的な設定で、すっごく怖いくらい。

少し先の未来。子供が事故で植物人間になってしまった夫婦の家庭に、子供型の「感情を持った」アンドロイドがやってくる。
最初は拒絶していた母親も、やがてその子を自分の子供登録してしまい、「ママ」と甘えてくる子供に愛情を感じていた。
しかし実の息子が息を吹き返し、そのアンドロイドを捨ててしまうのだが、この子「DAVID」はまるで本当の子供のように母親を求め、探すのです。

しかしその愛は受け入れられない。やがてスクラップ業者につかまり..そこを抜け出し...母親が読んで聞かせた「ピノキオ」の物語を、妖精に自分を人間の子供にしてもらえると信じて探す。その途中で海底に閉じ込められ、バッテリーが切れ、2000年が過ぎ、人間は絶滅してしまう..
もう一度気がついたときには他の星からの知性体なのか、宇宙人が「最後の生き残りの地球人」として、ポケットに残っていた母親の髪の毛からクローンを作り、DAVIDに会わせてくれるが、1日しかもたない体で、夕方に眠りに就くと二度と目を覚まさないのです。しかしDAVIDにとっては今まで生きてきて最高に幸せな一日でした..動かない、ベッドで眠る母親の隣でDAVIDももう動くことはありませんでした..
というラストだった。
ハッピーエンドなのか、ちがうのかよく分からないけど、すっごく哀しくなりました。
科学考証とかがしっかりしているので、おそらく100年後には現実になっている話なのだろうと思うのだが、原案がスタンリー・キューブリックということもあって、あ、なるほどな。キューブリックか。という印象をもった。

母親とは?子供とは?結婚って?生きるってどう言う意味?
深く考え込んでしまう。

でも、ブロードキャスターを見ていて、バンジージャンプで紐が外れて水面に落下した女性のことを、「足首にくびれがない体型の女性」と言っていたのはどうかなぁ。

0:00:01 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299100

この記事へのトラックバック一覧です: ■A・Iを観て:

コメント

コメントを書く