« ■当時は最新機種だった | トップページ | ■Quakeやってて思うこと。 »

■踏んだり蹴ったり、いや踏まれたり蹴られたり

2002, 05, 20 月曜日

訳あって昨日と今日との合併号になってしまった。

日曜。
さあ、今日はパソコン新製品が出てから初めての日曜だ!
久しぶりにある在庫。それも新製品。
待ちに待った日である。
ノートはNEC5機種、富士通3機種、デスクトップもNEC2機種に富士通2機種が展示されていた。

店に出てはたきで売り場の掃除をしていると、新しいコーナー長が
「今日、テレビの前に立っていてください。」
「んあ?」

どういうことだ?オレにパソコン売るなということか?
納得しないままテレビの前に。納得するわけない。今日は祭りの日だぜ?
なんで?なんで?
AVコーナーの人数が少なくなったとは言っていた。でも、今日はパソコンコーナーでいっぱい人数がいるんじゃないのかい?
それでも「予算は30万以上です」と言われて、50万弱を売り飛ばしてやった(日本語の使い方、変。)。テレビコーナーの予算が120万だから、けっこう貢献していると思う。
たまにパソコンコーナーを見に行くと、人、人、人。そりゃそうだろう。前日に僕が接客した人達もいたに違いない。名刺を渡していた人もいるのに、トンとお声がかからない。あ~あ、全部自分たちの売り上げにしちまいやんの。予想はしてたけどね。

新しく異動でやってきたテレビコーナーのリーダーはまだ若い感じの男前。仕事にも前向きである。カタログがそろってないことやその他を指摘すると、その通りと答え、順次片付けていきますと頼もしい返事。頭もいい。

今日もカレー屋に行く。いたいた。日曜だけにいるあの柴崎コウのキツサ抜きのかわいい女の子が。かわいいなぁ。オトモダチになりたいなぁ。別に深い仲になんかならなくていいから、近くで見ていたい。きれいな顔。指先も細くてきれい。体も細くてちっちゃい。可愛いなぁ。
可愛いなぁ。
可愛いなぁ。
可愛いなぁ。
い、いかん。パソコンだといくらでもこういうコピベができて困ってしまう。

両親のJ−PHONEを機種変にするといくらかかるかを携帯コーナーの人に帰りに聞いてみる。けっこう高い。定価の2万で売るらしく、それはどこの店でもJ−PHONEショップでも同じだそうだ。そういえばこのまめぞう携帯も替えるとき高かった気がする。でも新規で買うと三洋なら4800円で安いという。これもどこの店でも同じとか。帰りにマイカルで調べるとなるほど同じだった。少し考えることにして、家で相談。やっぱり金がもったいないので番号変わってもいいから新規にしようと決定。
明日は休みなので、店に行って手続きしてこよう。
休み前なので酒呑んで寝る。

月曜。
朝10時過ぎに携帯が鳴る。
うっとおしいのでほっておく。
頭の上の電話が鳴る。留守電が応答する。
「....○○ですが、今日出勤になっています。連絡ください...」

なにーーーーーーーーっ??????!
今日休みじゃないって?????
最初に月曜と金曜は休みだと言ったじゃないか!!!!!!
どういうことだ?
もう一度携帯が鳴る。寝起きで酒が残っていたのだが、電話を取る。
「もしもし?」
「今日出勤ですが」
AV全体のリーダーの声だ。
「どういうことですか?月曜と金曜は休みじゃないんですか?」
「シフト表では今日出勤になってます」
しばらく問答したけど、向こうはサッパリ理解しない。というか理解しようとしないのだろう。もともと頭がいい人間とは思っていない。
「何時に来れますか?」
「....11時半には着くようにします..」
腹立つけど仕方がない。くっそー。まだ酒残ってるのにー

11時35分ぐらいに店に着く。AVリーダーの所に行き、問い詰めようとしたが、「行き違いがあった、ということで」なんじゃそりゃ。もし遠くに出かけていたらどーすんねん!たまたま家にいたからまだましだったものの。もう憤まんやるかたないが、仕事だと思い、我慢。

パソコンコーナーに行ってみる。

.........

昨日並んでいた新製品、もちろん今日も並んでいるが、みんな品切れのシールが着いている。
...みんな、みんな(一部高いものは残っているが)品切れ。

....くっそー、みんな売りやがった。
俺が売りたかったものがみんな売られてしまった。
なめとんなー
これは、イヤガラセか?いや、そうに違いない。

インカム(トランシーバー)を渡され、つけていろと言われる。「もしなにかあったら呼びますから」なにがあるっちゅーねん!昨日なんか呼ばれて、客が多いからという話かと思いきや「“パソコンソフトとインターネットの詳しい話”で分からないからお願いします」と言われた。パソコン担当のおっさんにだよ。繰り返すが、パソコンの担当者に言われたんだよ。おいおい!それでも売り上げにつながるのならいいが、ただたんに面倒くさい、売りにつながらない客の相手をさせられただけ。
そのほかにも「今日休みの他の社員が売ったお客さんが、なんか問題が発生したということなんで、聞いてください」と、俺はドブ掃除のおっさんか!(注:これは職業蔑視で言っているのではなくて、金にならない、自分の売り上げにつながらない仕事に当たることをこう言う。ぞくにいうつぼにはまるというやつ)

たまにパソコンコーナーに行ってみるが、相変わらずパスワードかかったままとか、デモもかかっていないとか、それをちょいちょいと手直ししてあとはしらんぷりして照れ日の前に帰ってきてやった。

今パソコンの所にいても何も売れないじゃん。パソコン主任に聞いてやった。「次に入荷するのはいつですか?」「1週間か2週間ぐらいあと」
そのまま立ち去る。以前パソコンコーナーの社員3人が言っていた「ぬぷりんさんはヘルパーだから、金額売らしてあげたいんだけどねぇ」と言う言葉が、これではっきり口先だけの嘘だと分かった。

店の問題点は色々ある。そのうちまとめて書類にしてやろうと思う。

その一つに古い機種の処分を積極的にしないという傾向がある。数年前の機種が、パソコンだけでなく、AVコーナーのビデオにもある。値段を安くしないと売れないよと問うて見ると、「言っても仕方がないことは、言わない。」?????さっきの質問の答えとしては、意味不明。どういうこと?努力も何もしないって事?
どっかの国の公務員のように、問題が見つかっても自分では何もせず先送りして、自分以外の人間の時に責任を取らせようとしているような感じ。

昔酒の問屋にいたときも日付の過ぎた酒、それも尋常じゃなく古いものなどが山ほどあった。倉庫も圧迫するし、棚卸しでも数えなくてはならないし、何より、気分が悪い。そのスペースが無駄だし、前任者なんか何が何本あるかもちゃんと知っていて、それでも何もしなかった。代々そうなんだろう。その古いものを名前、種類、日付は元より、状態などを1本1本克明に調べた表を作ってやった。何百本だよ!大変だった。その表の伝票上での合計金額を見てびっくりしたのか、はたまた僕の努力を認めてくれたのか、上は、完全に古いものは、破棄。まだ呑めるものは安くして身内で勝ったり、懇意の小売店に安く卸したりしてとうとう倉庫がきれいになった。これで余計な金額がかかった死在庫はなくなった。倉庫も広くなった。仕事もはかどった。何より気分がいい。

話は元に戻って、今の店。
一言で言うと言い訳体質。
8月31日まで宿題やらない子供状態。
誰かに押し付け、自分はやらない。自分はおいしいとこだけさらおうと思っている。そのために平気で真っ赤な嘘をつく。人の客でも売りだけ自分で立てて、後は他人に押し付ける。攻められたり糾弾されたりしたときもいいわけの嘘をつく。

あ~あ。

J−PHONEの新規の話を聞く。昨日相談した人が休みで、違う人に聞いた。
値段は昨日の通り、安くなる。というわけで申込書に書いた。
後からおそるおそるやってきて、間違いがあったと言われる。
先に解約しなくては登録できないという。しかも店ではできないのでJ−PHONEショップで手続きしないと、と言うことらしい。
実際には何段階かのやり取りがあったのだが、そのたびに違う話になっていく。
おいおい、一体いつが最終結論なんだ?

行きましたよ。夕方。ショップへ。ちょっと休憩もらって走っていってきた。

明日こそ受け取れるんだろうな!

でも今日話した携帯のコーナーの女の子はなんかだれかに似てるなぁ、どこかで見た顔だなぁ、と思っていたら、帰りに疑問がとけた。アダルトDVDコーナーというカーテンで仕切られたところがあり(なんでそんなコーナー作るんじゃ)、その入り口に貼られているポスターの星咲愛里とクリソツだったのだ。なるほど(なにがなるほどなんだろう)。
誰かに言いたい。でも言ったら気分悪いかなぁ。きれいな顔であることは間違いないし、褒めているつもりでもやっぱり女の子からしたらいやな気持ちになるかな?

0:00:01 仕事 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299139

この記事へのトラックバック一覧です: ■踏んだり蹴ったり、いや踏まれたり蹴られたり:

コメント

コメントを書く