« ■鯨を食べるのは日本の立派な文化です。口を出すな! | トップページ | ■踏んだり蹴ったり、いや踏まれたり蹴られたり »

■当時は最新機種だった

2002, 05, 18 土曜日

メンチ、タイマン、リンチ。シンナー。あ、そうそう。根性焼き。やったわやった。
なーつかしーなー。
♪~
でっかーい刺青 背中に背負って~♪
(唄:水谷浴衣)

(関西向け焼き直し)そうそう、オキメグがCM出てるね。画面に向かってオメ○をみぃっとひらいて見せている。

阪神負けた。打てないときは打てないねー

うちの父親は巨人ファン。僕は(今年は)阪神ファン。もともと野球は嫌い。特にジャイアンツに関連するものは大嫌い。
父親は機械が苦手。大工職人だったくせに、手先は器用なくせに、新しいテクノロジーにからきし弱い。親戚の人がワープロやパソコンを駆使して年賀状や手紙を書いて送ってくる。その文章も面白い。しかし父親はせっかく買ってあげたカシオのワープロさえ使いこなせない。

でも、そんな父親が日本テレビの巨人戦のホームラン数予想の応募をしたいと言い出した。携帯で応募するラッキー7と言うやつだ。
やり方を教えて欲しいというので、父親のJ−PHONEでインターネットアクセスしようとした。
しかし!
「文字サービスは平成14年3月をもって終了しました」との表示しか出ない。
どういうこと?
当時最新機種を買ってあげたつもり(2年前)なのに、もう使えないの?
くっそー。

しかし、せっかく機械音痴の父がやりたいと言い出したこと。かなえてやりたい。

月曜日に機種変にいこうと思っている。
ノキアなら安いだろう。

え?オキメグはテレビでそんなコトしてないって?
やだね、オメメだよ?(ボカッドキャッグシャッ)

下ネタ御免!

0:00:01 携帯・デジカメ | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299140

この記事へのトラックバック一覧です: ■当時は最新機種だった:

コメント

コメントを書く