« ■六甲颪 | トップページ | ■刑罰という認識 »

■無意識下の抑圧とストレス

2002, 04, 05 金曜日

変な夢を見た。

今日はなんかとてもだるくて眠たくて、昼にインスタントカレー食ってから少し昼寝しようと思って3時ぐらいに布団に入ってうとうとしていた。
ストーブは点けっぱなしだった。

★★★★

パーツ屋か、ジャンク屋のようなところにいた。街中ではなく、田舎か山の方のようなところで、狭いアスファルトの坂道ばかりのところのような風景。
ふと見ると自分の車がない。盗まれた!俺のだけない!
歩いて(走って?)探し回る。どこにもない。
行く先々で、山道(舗装されていた)なのに、トレーラーが横転してヒトがつぶされている現場に出くわしたり、クレーン車がこけて人が怪我している(死んでいる?)所に出たりしてた。

★★★★

目が覚めた。いやな夢だ。

ふと考えた。
野党は無責任だと思う。当たり前だけどね。与党的な責任がなく、揚げ足を取ったり邪魔をしていればいいのだから。
彼らは与党にはなりたくないんだと思う。
いつまでも野党でいたいのはいつまでも大人になりたくない気持ちと一緒なのでは?

阪神がまた勝った!明日も勝って!

0:00:01 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299187

この記事へのトラックバック一覧です: ■無意識下の抑圧とストレス:

コメント

コメントを書く