« ■刑罰という認識 | トップページ | ■哀れな売り上げ目標宣言 »

■まじめなニュース

2002, 04, 07 日曜日

日本語Subjectで届くウイルスに注意
【国内記事】 2002年3月14日 03:43 PM 更新

 日本ネットワークアソシエイツは3月14日,日本語Subjectのメールで増殖しているウイルス「W32/Fbound.c@MM」について警告した。

 同ウイルスに感染したメールには「patch.exe」という実行ファイルが添付されており,送信元がjpドメインの場合,Subjectが「重要」「例の件」「極秘」「うんこ」といった思わせぶりな日本語になっている。添付ファイルを開くとデフォルトSMTPサーバの情報とOutlookのアドレス帳を参照し,アドレス帳の登録先にファイルの複製を添付して送信する。同ファイルによる破壊活動は確認されていないという。

 日本ネットワークアソシエイツは緊急定義ファイル(Extra.dat)で同ウイルスに対応した。

 またトレンドマイクロによると,同ウイルスは3月初旬に見つかった「WORM_FBOUND」の亜種。同社は14日午後2時45分時点で,国内から76件の問い合わせと感染報告を受けた。

 同ウイルスについて,トレンドマイクロは「従来のSubjectを利用したウイルスは2バイトを扱えなかったため,日本語Subjectは文字化けしがちだった。今回は日本語Subjectが実現されている珍しいケース。作者が日本人かどうかは不明だが,少なくとも日本語を理解できる者が作成したと考えられる」としている。

 シマンテックにも同日夕方までに,国内から25件の被害報告が寄せられた。同社は同ウイルスの危険度を5段階のうち「3」に設定して注意を呼び掛けている。

★★★

でも、chinkoとかmankoではないだけましか。

0:00:01 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299185

この記事へのトラックバック一覧です: ■まじめなニュース:

コメント

コメントを書く