« ■テクノロジーの進歩を感じるとき | トップページ | ■一生懸命に仕事ができるのは25歳まで »

■おさかな天国

2002, 03, 21 木曜日

あたまあたまあたま~♪あたまーをー食べーるとー♪(それじゃ人食い人種だって)

買ってしまいました。おさかな天国。前から欲しかったんだよねー。一度探偵ナイトスクープ!で紹介されてからなんか耳に残ってて。最近はうちの母親の勤めるスーパーニッショーでも鮮魚売り場で流れてると聞き、欲しいなぁと思っていたところ、マイカルの魚売り場でもかかっているではないか!欲しい!
よっぽど、「すいません!この曲欲しいんで、録音させてください!」とラジカセを持っていって頼もうかとも思ったほど。

待てば海路の日吉ミミですね。

新着ニュースでも言ってたので、もう売りに出てるだろうとディスクピアに。ないなぁ。おっと、「ヨーデル食べ放題」がある。桂雀三郎とまんぷくブラザーズ。割り箸も割り放題~ってやつね。これも押さえとこうかなぁと手に取る。おっ、眼鏡をかけた警備員のおじさん接近。あやしいのか?(笑)確かに、ネクタイを外して皮ジャンを着ていると、怪しい台湾人みたいだもんなぁ。
でも新譜の所にあるはず...と裏に回ると、「あったぁ!」棚の半分が水色のジャケット、さかなちゃんだらけ。キャンペーンで机を並べて5人ぐらいレコード会社(販売会社)の人がいてたけど、こっちを見て、なにがあったんだ?という顔で見ている。
警備員のおっちゃんが付いてくるなか(ここで腹を立ててはいけない。あちらさんも仕事なんだから。ご苦労様と言おう)、会計。もうJosinカード10000ポイント超えちゃったよー。

聞いてみると、改めて感動。聞くところによると、元ジューシーフルーツの人が作ったらしく、それも感動。わーたーしーはーゆーめーみーるーおさかな人形~♪
でもおさかなマーチはやらしいなぁ。あきらかにこれは幼稚園や保育園で使ってくれ、という魂胆見え見え。

「食べ放題」は押さえでもあり、嬉しいけど、いつもこういう色物を買った後の後悔感少し。キダ先生の「浪速のモーツァルト2枚組」も、かなりへこんだけど(買ってへこむなって)でも歌詞に少し問題がありそう。この曲を使った焼肉屋は入り口に書かなくちゃ。「割り箸は割り放題ではありません」
おっ!故枝雀師匠も出ている!すごい!雀々もか!

数年前から考えていたことがあって...それは...
ラップ「あじゃぱー天国!」というもの。これはおさかな天国の題名を知る前から考えていた題名。さんま御殿の「××さんからのお題」と言うところで流れる曲があるよね。あの曲に乗せて、「ぱっ××ぱっ××ぱっ× ××あじゃぱー××」のリズム(×は8分休符)で乗せていく。昔古今亭志ん生師匠のラップがあったけど(持ってないから欲しい!そして後悔したい!)、そんな感じに近いかな。レコードをこするところ「きゅききゅききゅききゅききゅききゅききゅききゅき きゅききゅききゅききゅききゅきあじゃぱー」みたいに。

さらにネクスト。「ドモありがちょーん ミスターロボット ハラホロヒレハレ~」とか。「アットオドロク ターメゴロボット がちょんがちょんおよびでない! がちょんがちょんおよびでない!」

★ ★ ★ ★

金八先生で最後の方に星野真里と弟役の子(名前知らん。ごめん。)が荒川の土手で川面を見ているシーン。真里ちゃんの後ろ姿が、きゃしゃで可愛い!かわいい!おしりもかわいい!もう耕作突き飛ばして抱き締めたい!なんで飯島愛なんかやったんだ?!僕の中ではまだ「Who?」の時のままの君なのに...!!
...きれいになったね....(面と向かって言ったら気持ち悪がられるんだろうなぁ)

0:00:01 音楽 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299204

この記事へのトラックバック一覧です: ■おさかな天国:

コメント

コメントを書く