« ■金八先生のDVD | トップページ | ■ソニンたん、がんばれ(こればっか) »

■モー娘。について

2002, 03, 08 金曜日

7日にもんもんさんの掲示板でも取り上げられていたけれど、自分はちょっと違う視点からみたいと思う。

3年ほど前(なのか?アイドルに詳しくないのでちょっと不明)から、徐々に人気が出てきて、ラブマシーンでブレイクし、国民の認識度が上がった(時系列むちゃくちゃなので前後しているかも)。中澤裕子を筆頭とする女の子たち。
古くは、鶴瓶の女子大生番組やオールナイターズのように女子大生(商品化)ブーム。
次におにゃん子クラブの女子高生(商品化)ブーム。
(しかし、”にゃんにゃん”と言う言葉をここまで定着させた高部知子にも何か賞を贈呈するべきだと思うのだが)
時代は低年齢化、今や中学生でデビューしなくてはもう遅い。
場合によっては小学生がビキニを着て笑っている(しかも、けっこう乳がでかかったりする)。
そこでふむぅと考えた。

つんくは、辻や加護の将来を背負えるのだろうか?

中学生が学校にもろくすっぽいけずに、社会通念や常識も吸収することができずに、この先何が待っているのだ?念のため言うが、常識は必ずしも学校で先生が教科書で教えてくれるものではない。これは友達、先輩後輩、先生を含む社会人、との多くの会話、対話、経験、などによってすこしづつ蓄積されていくのである。だから赤恥青恥にでてくる恥ずかしい女子高生なんかは、性体験の人数は2桁か3桁にのぼっていても、その他の普通の社会性のある会話、対話、費やす時間がない(もちろん興味がないことも一因)ので、ひどくなると1対1、1対多の意志疎通にさえ障害が出てくることもある。
中学、高校時代とはそういう人間としての成熟を時間をかけて行っていく、そうした時代でもある。

かつてモー娘。にはなんとか明日香ちゃんというメンバーがいた。確か中学生だったような?その子もメンバーを抜けて、普通の女子高生になりたかったようだけど、今どきの幼児化している高校生は、彼女をいじめまくり、ノイローゼになり、学校を中退。今大検に向けて勉強中..というのがしばらく前に聞いた話。

初めは軽い気持ちで、もしくはウキウキした気持ちで、嬉しい!あたしが芸能界に!なんて考えているうちだけが幸せで、あとはつらいことばかり。画面や雑誌の枠の中ではニコッと笑顔、あとは寝ているか辛さに負けないように歯を食いしばる生活。

こんなはずじゃなかった..
違和感を覚え、引退(普通の仕事なら退職)しても、もはやプライベートなんてありはしない。下劣なマスコミとそれを興味津々でむさぼる一般大衆には通じない。

この子の人生の、おそらくは一番輝いたはずの青春時代を奪ってしまったのだ。

辻や加護なんて、もしかしたらまだ生理も始まっていない子供かもしれなかった(わからんけど)。加護には今整形疑惑があるという。整形!恐ろしい。商品だからって何をしてもいいもんではないだろう。まだ分別もない子供である。社会のいいところ、悪いところ、仕組みや教科書に書けない裏の社会だって、人は徐々に識っていくのだ。
百歩譲って15歳の高校生だとしよう。高校受験を終え、家から歩いては通えない範囲に日常が広がり始めると、ようやく社会全体をおぼろげながら認識しはじめる。また、その中の自分が占める位置をも。
それ以前の状態ですり減らされてしまうのはどうも納得できない。

音楽業界と言えば聞こえはいいが、もしラブマシーンのヒットがなければ、ただのB級タレントバラエティグループで終わっていただろう。”アイドル”としての価値を2−3年で急速に消費して、燃え尽きていくのだ。いや、燃え尽きさせられていくのだ。
来る前は甘言ばかりで誘き寄せ、何も分からないところに放り込まれて、絞り尽くされて捨てられるなら、戦前、戦時中のだまされて連れてこられた売春婦と何も代わり映えがしない。あとで「あれはだまされたんです。アイ奴隷だったんです」などと言いたい気持ちにならないと、誰が言えるだろうか?

決してモー娘を攻撃するつもりはなく、個人攻撃でもないけれど、石川梨華はその点しっかり心得て戦略を練っているふしがある。顔はかわいくて、一昔前の”清純派”を謳える容姿、声、立ち居振る舞いができる。しかしチャーミーとしてニュースデスクに座ると、二昔前のアタックNo.1やサインはVのような”けなげにも一生懸命頑張るけど、辛いの。”という”芝居”ができる。
ここで重要なのは、その”芝居”が、見てる方も”芝居”をしているということにちゃんと気づかせていることがこの子の頭のいいところだと思う。見る方が気づいているんではなくて、”気づかせて”いる。見ている男たちも、梨華が身体の芯から「だって、涙が出ちゃう。女の子だもん。」「神様、どうしたらいいのでしょうか。」などというキャラクターではないことを知っている、たくみにそう認識させられている。だから仕事が終わったら普通の高校生がするようなくだらない話やエロ話も普通の低い声でちゃんとしている、”普通の生活”の様子がうっすらと見えているのだ。これなら普段の社会の普通の自分の占めるべき位置にもし完全に帰ることがあっても、それほどギャップは生じない。
この子が18歳の誕生日を過ぎて、ヌードもしくはセミヌード写真集を発表しても、僕は驚かない。

芸能界=音楽業界とはそう言うところです。昔々一時期片足を入れてたから(聞いた話ばかりだけど)そんな事は当たり前の世界。

いいかげん日本人は(特に男は)アイドルに処女性を求めるあまり、低年齢化していることを危惧するべきだと思う。また、しっかりとした芸術性があるアーティストのほうにちゃんと方向を向けていくべきだ。

皆さんはどうお考えだろうか。

0:00:01 芸能・アイドル | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299217

この記事へのトラックバック一覧です: ■モー娘。について:

コメント

コメントを書く