« ■遅ればせながらMATRIX | トップページ | ■Automaticは演歌である »

■自動車と適性

2002, 03, 12 火曜日

lucino
以前書いた愛車のルキノのバッテリーの話だけど、名古屋から帰ってきてから、どーしても怪しく思う空気清浄器ピュアトロンを外してもらった。
それから3ヶ月...バッテリーは....
あがらない...!!!
2週間ほったらかしにしてもあがらない!
ちゃんとかかる!やっぱりだ!
最初の車検の時までにピュアトロンが動かなくなっていたので、車検の時に直してもらって、動くようになってから、バッテリーが頻繁にあがっていた。
それを外したら、あがらなくなった!
やっぱりね~やっぱりね
 (やっぱりね~やっぱりね)
ソーラン ソーラン♪
 (ソーラン ソーラン♪)

もっと早く外しておけばよかったよぉ。何のためにバッテリーいくつもいくつも買ったんだよぉ~

それと、直接は関係ない話だけど、どうも車の運転は女はダメなような気が。
別に女性蔑視主義ではないし、ましてや男性卑下でもないし、そんな差別的な気持ちはいっさいないんだけど、これは脳の仕組みによるところが多いと思うので、仕方がないこと何じゃないだろうか。
ちょっとでもこんなことを書くととたんに「差別だー」「男尊女卑だー」「戦前の教育に戻す気か!」とか鼻息を出して(荒げて、ではなく)勢いづく団体が多いと聞く。その上そうして限りなく抗議をしていき、嫌がらせや裁判などをおこして騒ぎ立て、金を巻き上げて生活の糧にしている輩も多い。
繰り返して言うが、決して女性を差別しているのではない。
女性の中でもそういう技術や性格が運転に適している人もいると思う。逆に男性でも不適格な人間も少なくはないのは本当だ。ただ、その割合が女性の方が男性より低いのではないか。
とっさにどうするかの判断、周りの車と自分との位置関係と方向、決断。
これはそのまま歩いて移動する日常生活にも当てはまる。
街で歩いていて、どんだけおばちゃんが身勝手な動きをするか。
自転車になるともう手に負えない。こっちが止まっていて、向こうが右にゆらゆら左にゆらゆらしながら近づいてきて、「あぶない!」だって。にらんできやがる。こっちも「なんじゃ!おらぁー」と怒鳴ると、「あぶないやんか!」って、あんた、日本語わかってる?

電車に乗っていてもそう。こっちは駅のドア位置で待っている。ドアが開いたらおずおずと出て、そこで立ち止まる。立ち止まるんじゃない!そのまま歩け!乗るときもそう。乗ったところで止まると、後の人が乗れない!もうベル鳴ってる!
どこでも急に立ち止まる。急に横に曲がる。予想の付かない方向に動く。
男は利害の調整にたけ、女は情報の調整にたけるのか。

さっきもおばはんの運転するキューブが狭い住宅地の道を走っていて(20km/hぐらい)、その後ろにライトバンが走っていた。何を思ったのか右の狭い道に急に曲がって入ろうとした。ちょうど自転車が向こうからこちらに向かって走って来ていて、あやうくぶつかるところで、”自転車の方が”止まり、難を逃れた。しかし、その道は違うと思ったのか、斜めになったときに急に止まり、バックのランプがついた。周りの人間はみんな驚いた。一番驚いたのは後ろからキューブの横を(10km/hぐらいで)通り抜けようとしたライトバンだろう。クラクションを鳴らす。おばはんはやっと気づいたのか、そのまま止まったままだけど、行くのか、下がるのか、はっきりしない。
やがてライトバンがおそるおそる通過していった。おばはんはバックしてきたが、その後ろの自転車をひっかけそうになっていた。

もう一度繰り返すけど、女性でも運転や世の中の人間付き合い(会社、縦つながりなど)が上手な人もいる。ただ、横並びの友達関係しか付き合えない人が多い気がする。年々その傾向が強まっているとも思う。それに加え、若い男の子、高校生や中学生ぐらいの男でもそういう傾向のヤツがどんどん増えて来ている。別にギャル男ではなくてもそう。これは女性化しているということか?社会全体がそうなのか?甘やかしの構造でしか生きられないおこちゃま人間が増えているのか?この日本に?だとしたらビッグバン以降は、諸外国の狡猾なずるいやり方の餌食にされて、それでもただ笑っているだけになるのか?

....自分がそうなっていないか確認しておこうと思う。

0:00:01 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3299213

この記事へのトラックバック一覧です: ■自動車と適性:

コメント

コメントを書く