このブログの説明

Exitpokkinいらっしゃい。
お忙しい中足をお運びいただいてありがとうございます。

ずっと前から日記的なものは書いていたのですが、ココログとしてきちんと始めたのは

由なし事・セカンドステージ
2005, 04, 01 金曜日

からです。できましたらこの日から順番に読み進めていただければありがたいです。

やっとココログも『ずっとトップに置く記事』設定ができたみたいなので、スタート記事を作ってみました。
最近はあんまり更新してません。時間がなくて・・・

よろしかったら、ごゆっくりお過ごしくださいませ。


連絡先メール

|

人生が二度あれば

2016, 01, 12 火曜日

人は節目節目で今までの人生を振り返ると言うが
本当に精神的にまいってしまうと不穏なことを考えるものだなと思う


もともと貧乏な家だった。両親とも地方からの丁稚上京組であり、バックボーンがほとんどないところに俺と妹が生まれた。
それは苦労して育ててくれたと思う。親孝行できていないのが悲しい。

それでも当時まんべんなくみんな貧乏だった気もするので、健康であればそれなりの人生を送れたんじゃないかと思う。
今でも後悔しているのは中1の終わりに卒業式の手伝いをした時のことだ。
タイムマシンがあれば、いやその時の俺に通信できる手段があれば・・と切に思う。

続きを読む "人生が二度あれば"

18:02:22 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

雷が鳴る前に

2015, 12, 04 金曜日

Covnhkxusaa4jqe_2

と言うわけで私が、最近はもう人生に絶望しか覚えていないごんです。
みなさんいかがお過ごしですか?

ここのところはTwitterを流し読み、たまにFacebookを開くぐらいしか
何か書いたり読んだりしていない。
昔みたいに何かを溜めて溜めて自分の意見として書いてみるというブログは
もう書くことはないと思う。

ネットだけでなく社会でのITに関わる技術やインフラは数年ですごく変わってきている。
先日はFacebookのCEOが5兆円以上を社会活動に寄付すると発表した。
さらに数年経つともっと想像もつかない世界になりそうだ。


前にも一度削除依頼があって記事のその部分を削除したことがあるけど、
今日こんなものが届いた。

--------------------------

平成27年12月3日
@niftyID 殿

東京都新宿区北新宿新宿フロントタワー
ニフティ株式会社
法務部長 ■■ ■

送信防止措置に係る意見照会書

 この度、貴方が開設されたココログに掲載された情報(以下「侵害情報」といいます)の流通により権利が侵害されたと主張する者より、侵害情報の送信防止措置の請求を受けました。請求内容の詳細は、添付「弊社に寄せられた送信防止措置請求の内容」をご参照ください。

 つきましては、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」(以下「プロバイダ責任制限法」といいます。)第3条第2項第2号に基づき、弊社が侵害情報の送信防止措置を講ずることについて、貴方のご意見を照会いたします。

 ご意見がございましたら、本書面受領日から一週間以内に、添付「回答書」に必要事項をご記入の上、弊社までご郵送いただく方法によりご回答いただきますよう、お願いいたします。

(※郵送する方法以外に、必要事項を記入した「回答書」を添付したメールを、@@@@@list.nifty.co.jp宛 にお送りいただく方法、あるいは、「回答書」と同じ内容を記入したメールを、@@@@@list.nifty.co.jp宛 にお送りいただく方法でも結構です。)

 侵害情報の送信防止措置を講ずることに同意されない場合には、その理由を具体的に回答書にご記載ください。

また、一週間以内にご回答いただけない事情がございましたら、その理由を弊社までお知らせください。

 なお、ご回答いただけない場合、送信防止措置に同意されない場合であっても、プロバイダ責任制限法の要件を満たしている場合には、弊社は、当該侵害情報を含むホームページについて送信防止措置を講じることがございますので、その旨ご承知おきください。

以 上

本件担当:法務部 ■■
    (連絡先 @@@@@list.nifty.co.jp)

「回答書」郵送先
東京都新宿区北新宿新宿フロントタワー
ニフティ株式会社 法務部


--------------------------


調べてみると当時のネットニュースを紹介してコメントした物だった。
その部分は削除した。

ふとぐぐってみると同じ文面を送られた人がいた。

金なら返せん・・と書いたら脅迫状が届いた

2010年なんて忘れてた

うーむ。時事ニュースを書き連ねた記事というのは時間が経つとこういう面倒なことが起きてくるんだな。
潮時かもね。

19:35:32 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

青い地球は手のひら

2013, 06, 17 月曜日

Super_kyojin

と言うわけで私が、昨日衝動的に攻殻機動隊を見てしまったごんです。みなさんいかがお過ごしですか?
電子情報が高速でやりとりされる未来。コンピュータの進化を見るとそれもあながち夢物語とも言えないわけで。

初めてコンピュータというものを知ったのは小学生の時。
少年チャンピオンに連載されていた『スーパー巨人』という漫画だった。
いわゆるマイコンというものだ。

電気屋の店先に行っては当時出始めたシャープのMZとかを触っていた。本屋で立ち読みして簡単なBASICの仕組みも知って、店頭のマイコンに打ち込んでみたりしたものだ。

ある程度の年代の人ならだいたい似たり寄ったりの経験はあるだろう。その頃コンピューターというのはまだ国家とか大企業が使うメインフレーム的なものしかなかった。イメージとしてはバビル二世の巨大コンピュータは、個人で使うという発想にはなく、電車や電力、水道システムみたいなインフラの一部として捉えるのが当たり前だったように思う。

高校ぐらいになって、パソコンという言葉が出始めた。NECや富士通の作るパーソナルコンピュータというもの。当時の巨大コンピュータとは比べものにはならないが、あくまで個人で操作できるミニミニコンピュータである。金持ちの家の子なら買ってもらえたんだろうか。しかしまだ仕事やましてや生活に役立つものというのではなく、高価なおもちゃの域を出てはいなかった。

しかしそんな時NECの戦略でPC-9800シリーズ用のアプリケーションをたくさん用意することによってパソコン自体の普及に繋がっていく・・・

続きを読む "青い地球は手のひら"

23:32:34 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

老人のつぶやき

2012, 08, 18 土曜日

Photo仕事の現場が変わってしばらく経ったけど、ここはいいとこかと思ったがやっぱり人がダメだった。
業務請負はいいんだけど何でもかんでも押しつけられすぎやろ。本来の担務じゃないググレカスなことや、山ほどの業務作業ととっくみあってる人のとこにおばはんが世間話で邪魔しにきよるすることないからやって。頭大丈夫?俺に聞きに来たり俺が忙しいんじゃないけどさ、たぶん今まで何年間もこういう状態で来たんだろうなと思うと、業務請負をしている人たちへの疑念もわいてくる。この人たち、時間無い時間無いとか言いながら時間の使い方わかってないんじゃないかと思う。

いや、犬のように舌を出して服従している風を見せるのが仕事だと思ってるんじゃないかとさえ思えてしまう。
毎晩夜中まで残ってシコシコ作業続けることが仕事なんだろうか?違うだろ?正社員は6時には皆帰ってるで?下請けに作業押しつけてさ。残業代稼ぎや自分のマゾ性癖を満たすためなんだったら勝手にしなよと思うけど。

続きを読む "老人のつぶやき"

3:00:34 仕事 | | コメント (0) | トラックバック (0)

«夢色のスプーン